2012/09/19

沖縄紀行(その3)

Japan

本日は沖縄レポートの最終日。食べ物文化特集です。沖縄で食べた「てんぷら」の味は格別でした。

habushu.jpg
ホテルの近くの道の駅的な場所でみかけたハブ酒。他にも沖縄ならではのお土産物を沢山みかけました。

mozuku.jpg
もずく。

gurukun.jpg
グルクン。売っている魚が東京に比べてカラフル。

tofu.jpg
トーフ。自分で余分なお水をバケツにあけて買うんですね。

sashimi.jpg
刺身で一杯。乾杯はオリオンで!

awamori.jpg
引き続き、泡盛。沖縄ガラスで。

sokisoba.jpg
本場、ソーキソバ!沖縄の伝統的な生活の様子を保存している民家のお食事どころでいただきました。

tenpura1.jpg
沖縄名物「てんぷら」を買いに!

tenpura2.jpg
こんなウマいモノ、他にあるのか!?B級グルメ、チャンピオンに認定。

sardine.jpg
漁村に干されてた魚達。

2012/09/18

沖縄紀行(その2)

Japan

今日は沖縄紀行(その2)。沖縄で見かけた生物特集です。

katsuonoeboshi.jpg
カツオノエボシが打ち上げられていました。猛毒注意!?

mangrove.jpg
干潮時のマングローブ林。

mutsugorou.jpg
干潟にはムツゴロウ達が休んでいました。

shiomaneki.jpg
あのシオマネキが沢山巣穴から出て一斉に汐を招いていました!ベストショット。

umiushi.jpg
沖縄のビーチは4月に早くも海開き。他に誰も泳いでいないビーチで、ウミウシを見つけました。

watarigani.jpg
この時の沖縄は大干潮。遠浅のビーチに遠く迄入って行って、沢山の生物達を見ることが出来ました。これはワタリガニ。

2012/09/14

沖縄紀行(その1)

Japan

2011年4月、友達の結婚式に出席するため、生まれて初めて沖縄に行きました。沖縄らしいコト、モノに目を奪われて、写真を沢山撮りました。少し前のことになるけど、今ここでシェアしておきたいと思います。

hibiscus2.jpg
ハイビスカス

ishiganto.jpg
石敢當

shiisa.jpg
シーサー

hare.jpg
ハーレー

gajumaru.jpg
ガジュマルの気根(気根を伸ばしてやがて地に根を下ろし、長い間に木がゆっくりと「歩く」と言われています)

2012/09/13

ベトナムのバイク渋滞はどんだけ凄いか!?

Asia

今朝、ベトナムのハノイでバイクによる渋滞緩和の為、タイ等でよく見られる三輪車「トゥクトゥク」をベトナムに輸入する動きがあるというニュースを見た。

ベトナムのバイク渋滞はどんだけ凄いか!?以下は私が実際にベトナムのホーチミンで目撃した映像だ!


よーく見ると3人乗っている。中には4人以上のツワモノも居る・・・。

three.jpg

2012/09/11

パンケーキという食事

Americas

pancake.jpg
ピーチとベーコンを添えて

pancake_closeup.jpg

cat.jpg
猫も食卓の上が気になる

syrup.jpg
カナダのメープルシロップで食すパンケーキ(もちろん、オルガニック)

トロントのショップMjolkのJohn & Juli Baker夫妻の湖畔の別荘に招かれて、パンケーキの朝食。日本では子供の頃に親と一緒にパンケーキミックスをこねて焼いて、蜂蜜やバターをたっぷりかけて頬張る「甘いもの」という印象。でも、北米では、ソーセージやベーコンを添えて、フルーツ等を盛りつけて、メープルシロップをかけて食べる「食事」。甘いものと塩気の効いたお肉、さらにはフルーツまで添えて食べるところが、日本的感覚とは異なって、いとをかし。一緒に別荘で休日を過ごした友人の大治さんも、「食事」としてのパンケーキに触れて、今度はパンケーキを食べるナイフをデザインしたいと一言。

2012/09/10

上野の森で芸術と科学に触れる

Japan

the_thinker.jpg
ロダン作「考える人」

plankton.jpg
自然が作った美しい造形 プランクトンの殻

computer.jpg
連立方程式を解くことが出来る計算機 - 一体どうやって!?

子供と一緒に上野の森に行ってきた。目的は国立科学博物館だったが、上野の森に入ってすぐのところにある国立西洋美術館の前庭にあるロダンの彫刻も見てきた。文化の香りのする場所だ。国立科学博物館では、恐竜の化石などの自然科学に関する展示や、コンピューター前の計算機の歴史等、知的好奇心をくすぐる展示に大満足だった。

2012/08/28

1639年に拓かれたフランス人イエズス会教宣教師の入植地

Americas

cross.jpg

hut.jpg

making.jpg
当時の人々の装束そのままに裁縫をする女性たち

smoke.jpg
収穫したトウモロコシや動物の肉、毛皮などが吊るされ、小屋全体に煙を炊いて保存していました

boat.jpg

トロントの近郊にある、アウトドア歴史博物館に行ってきました。ここは、1639年にフランス人のイエズス会宣教師がキリスト教の布教活動の為に拓いたSainte-Marie among the Huronsと呼ばれる入植地。当時の様子がそのままに再現されています。ネイティブアメリカンのWendat族がキリスト教に改宗し、宣教師らと生活を共にしていましたが、他の部族(Iroquois)からの攻撃にあい、多くの仲間が命を落とし、最後には自ら火を放って他の地に移住しました。

Go to top